医師紹介

  1. HOME
  2. 医師紹介

院長あいさつ

アイケア名古屋は、2001年に硝子体手術のパイオニアである安藤文隆 前院長が名古屋駅前に開業した眼科のクリニックです。

硝子体手術など高度な眼科専門治療をはじめ、眼科診療一般を行ってきました。
私も開業当初より診療に携わり2014年から院長を引き継ぎました。院長を引き継ぐにあたり、前院長の理念も継承し、かつ、より皆様に親しみやすく、ご利用していただきやすいクリニックをめざしてきました。

2020年11月にJRリニア新幹線の建設に伴い、名古屋駅前から金山総合駅徒歩2分の今の場所に移転しました。
これを機に手術用顕微鏡、手術用機械、検査機器の一部を新しくし、新型コロナ対策も施しました。

また、いろいろな分野の専門の先生方の力をお借りして、引き続き高度な眼科医療を提供していきたいと思います。

院長・理事長

鈴木福江

  • 眼科専門医
  • 医学博士

県立旭丘高等学校卒業
名古屋大学医学部卒業
名鉄病院で1年間ローテート研修
名古屋大学眼科学教室入局
国立名古屋病院(現 名古屋医療センター)眼科
静岡済生会病院眼科などで勤務
アイケア名古屋勤務 現在に至る

手術担当医師

寺﨑浩子

名古屋大学大学院修了
前名古屋大学医学部眼科教授
前日本眼科学会理事長

  • 眼科専門研修指導医
  • 医学博士

長坂 智子

名古屋大学医学部卒業

  • 眼科専門医
  • 医学博士

高橋 研一

藤田保険衛生大学医学部卒業

  • 眼科専門医

外来担当医師

鈴木 福江

寺﨑 浩子

松井 朝子

名古屋大学医学部卒業

顧問

安藤 文隆

安藤 文隆

名古屋大学大学院修了

  • 前院長
  • 医学博士

名古屋医療センター眼科医長を退職後、当院を開業。

硝子体手術のパイオニア、安藤プロンベなどを開発。