医療設備

眼底カメラ
ハンフリー視野計 レーザースキャニングシステム
オープンスキャン角膜形状解析装置

OCT 網膜断層撮影装置

 眼底のさまざま病気の診療には精密眼底検査が必須で、 網膜や脈絡膜に起こった病変の内容や広がりを調べることができて、検査としては十分な場合が多いのですが、 さらに詳しいことを知りたい場合があります.こうした要求に応えてくれるのが、網膜断層撮影OCT(Optical coherence topography)です.
 眼底から反射する光をコンピューターで分析してカラー画像として記録する装置です.網膜の断層を1ミリの百分の1くらいの精度で撮影しますので、 まるで顕微鏡で調べるような情報が得られます.

 この検査が有効なのは、視力にとって大切な網膜の中心部(黄斑部、中心窩)をきめ細かく調べようとする場合です. 加齢黄斑変性、黄斑円孔、黄斑網膜前膜、重い糖尿病性網膜症といった網膜疾患や脈絡膜疾患の診断の確定、治療方針の策定、 治療効果の評価などに幅広く用いられます. また、網膜硝子体疾患の手術前後の評価などに威力を発揮します.

 
▲TOP

眼底カメラ

 網膜や脈絡膜(ぶどう膜)など眼底に病気がある場合には、 眼前にレンズをおいて眼底に光を送って、眼底から帰ってくる光を検眼鏡(眼底鏡)でのぞいて調べることができます. こうした眼底検査は眼科医がもっとも得意とする検査で、精密眼底検査ということになります. そして、眼底そのままの姿を読み取ることで眼底疾患の診断や経過を把握することができるわけですが、 写真として記録に残したり、患者さんに実際の様子を見てもらいたいことがあります. また、特別な薬剤(造影剤)を注射してから撮影することもあります.こうした目的で用いるのが眼底カメラです. カメラを用いた写真撮影にはいくつの方法があります.

 カラー眼底撮影:検眼鏡検査で視認した情報を客観的情報として記録保存します.

 蛍光眼底造影:造影剤を肘静脈に注射して網膜や脈絡膜の血管の中を流れる様子などを調べるために行います. 造影剤としてフルオレセインとインドシアニングリーンの二種類があり、病状によって使いわけます. 造影剤を用いますので、検査の目的、手順、起こり得る副作用などについては、 事前に十分に説明して納得していただいた上で実施しております.
 なお、当院では、眼底カメラによる情報はすべてデジタル化して、オンラインで診察室とを繋いで記録の解析、 患者さんへの説明資料として活用しております.

  
▲TOP

レーザースキャニングシステム

 このシステムは、レチナトモグラフ(Heidelberg retina tomograph)、 レチナフローメータ(Heidelberg retina flowmeter)、レチナアンジオグラフ(Heidelberg Retina Angiograph)で構成されています. 眼底の病態情報について、一般検査では得られない情報を取得するために使用します. 当院では特に高性能のレチナアンジオグラフを使用しています。

レチナアンジオグラフ:共焦点レーザースキャニングと検波技術を使用した装置で、 フルオレセイン蛍光眼底造影画像とインドシアニングリーン蛍光眼底造影画像とを高い分解能で効率よく取り込むことができます.

▲TOP

オープンスキャン角膜形状解析装置

 角膜(黒目)の病気は、細隙灯顕微鏡という眼科医が日常的に用いている顕微鏡で細かなところまで観察し、ある程度の診断がつきます。 しかし、さらに詳しく角膜の形の異常などを調べる必要のある場合に、角膜形状解析装置(オーブスキャン)を用います。
 光の線を角膜に左右からあてることにより角膜の前後面の形状を解析することができます。角膜の形を3次元的に解析し、前面のわん曲の状態、後面のわん曲の状態、角膜の厚みなどを知ることができます。 実際には光が左右から数秒間あたるだけで患者さんの負担は少ない検査です。

 この検査は、円錐角膜などの角膜疾患の診断、屈折矯正手術の手術適応の決定、屈折矯正手術の術後の状態把握などに利用されます。


 レーザー光線を用いた光凝固療法はいろいろな病気が対象になりますが、糖尿病網膜症と緑内障が代表的な疾患です. レーザー光凝固装置は高い輝度をもつ一定の波長の光を正確に照射して病巣を凝固させるものです.凝固する病巣も種々の異なる深さに存在し、種類も異なる為、最も有効に吸収される色調を使用しなければなりません。マルチカラーレーザーは緑から赤まで4種類の色調を変えられますので、有効に治療が出来る機種です。
 最も頻繁に用いられるのは糖尿病網膜症で、適切な時期に網膜を凝固すると、重症になるのを予防することができるのです. 光凝固の方法は患者さんごとにまちまちです.また、網膜静脈閉塞症・網膜動脈瘤・加齢黄斑変性といった眼底の病気で、 薬には反応しないやっかいな病巣が見られる時にも有効です.
 この装置は実にさまざま病気の治療に使われます.緑内障でもいろいろに利用されます. 特に有効なのは、お年寄りで眼圧が上昇して眼だけでなく全身的にも問題を起こす急性緑内障発作の場合、 レーザー光線で虹彩(茶目)に小さな穴をあけることによって劇的に失明から救うことができます.

▲TOP

 眼の病気によっては、視力だけでなく視野を調べることがとても大切です. 視野検査とは「見える範囲を調べる」ことですが、視野を精密に調べるために用いるのがゴールドマン視野計です. ドームの中央をじっと見てもらいながら、視野のあちこちに小さな光点を示して見えるかどうかを調べていきます. 片目で15分くらいかかります.

 視野は眼底の病気だけでなく、視神経や脳の疾患でも異常を来たすことがありますでので、そうした場合には精密な視野検査が必要になります.

▲TOP

 このハンフリー視野計は、ゴールドマン視野計よりも感度がよく、量的に感度の低下を測定できます。 特に視野の変化で病気の進行状態を判定しなければならない緑内障は、この感度のよいハンフリー視野計で初期変化を判定します。従って緑内障が疑わしい時には、このハンフリー視野計での検査を受けることが大切になります。

▲TOP

 虹彩(茶目)や その後方の脈絡膜に炎症があると、外から見える前房(ぜんぼう)に炎症の徴候が現れます. 炎症が強い時はふつうの検査でわかりますが、微妙な場合にはレーザーフレアセルメーターで調べることが大切です.
 この検査は、ごく弱いレーザー光線を目にあてて前房から反射してくる光を測定します.何もなければ反射光はないのですが、 炎症が多少ともあると炎症性の細胞や蛋白質などによって前房が濁って、検出することができるのです.
 虹彩炎やぶどう膜炎などの診断を確定したり、その経過をきちんと診ていく時にこの検査を行います. また、白内障などの手術のあとの状態をきめ細かく調べる時にも使用します.
 この装置を用いた検査は比較的簡単で短時間でおわります.

▲TOP
 また、視機能検査装置として、網膜電図検査装置、フリッカー癒合頻度測定装置、 レーザー干渉縞視力計などを設置して視機能の評価を多面的に行っております.


Copyright 2001 EYECARE NAGOYA All Rights Reserved