» 診療日誌に戻る


中学二年の息子のことで相談します。
息子は軽い近視で、中学に入学してから眼鏡をかけるようになりました。裸眼視力は 0.2 程度です。
授業中は黒板が見えないので眼鏡をかけますが、家にいるときはずっと外しています。
近くにあるものは見えるので不便ではないと言っていますが、眼鏡をかけたり、かけなかったりしていると、視力がますます悪くなると聞きます。常にかけるようにしたほうが良いのでしょうか?
眼鏡と視力の悪化は関係ありますか?
眼鏡は常にかけるほうがいいのでしょうか?
これから近視は進行するのでしょうか?
近視の進行を予防する方法はありますか?




近視が進行することと眼鏡をかける、ということとの間には関係はありません。眼鏡をかけたり、かけなかっ たりしていると視力がますます悪くなる、とどこかで聞かれたようですが、それは医学的にはまったく根拠の ない俗説です。


大切なことは眼鏡をかけて遠くのものが良く見えるようにすることです。
授業中や通学時はもちろんのこと、戸外にいる時はいつも眼鏡をかけるべきです。
スポーツをしたりテレビを楽しんだりする時も眼鏡をかけるほうが良く見えるのですから、常にかけるほうがよいでしょう。
家の中などでどうしても眼鏡をはずしたい時はかけなくてもかまいません。
高校生になれば、眼鏡のかわりにコンタクトレンズをつけるのもよいかもしれません。


息子さんのような近視は、身体の成長にともなって発生して進行するものです。眼鏡をかけるかけないは関係のないことなのです。どの位進行するかは、身長がどの位伸びるか見当をつけるのが難しいように予 想できません。高校を卒業するくらいまでは進行する性質がありますが、この位で止まることもあります。 いずれにしても眼鏡をかければ良い視力が得られるわけで、性質の良い近視ですから無用な心配は しないようにしましょう。


世間ではいろいろな言い伝えがありますが、医学的に認められた予防手段は残念ながら全くありません。
身体の成長期に背が伸びるように眼球が伸びるのが近視なのです。
背が高くなりすぎるのを防ぐ方法を考えることは無用であり、効果のある方法がないのと同じ事なのです。



Copyright 2001 EYECARE NAGOYA All Rights Reserved