» 診療日誌に戻る


45歳女性です。
二週間前から右眼で見る風景に小さなゴミが一つ浮かんでいるのに気付きました。
眼球の表面にホコリがついたのだろうと思いましたが、いつまでも無くなりません。 眼のレンズに傷がついたのかとも思いましたが、心当りはありません。
周囲が暗いときは気にならないのですが、明るい場所ではゴミが気になって仕方がありません。
なぜゴミ(濁り)が見えるのでしょうか。また、ゴミを無くす治療法があれば教えてください。
左右の視力は眼鏡をかければ良く矯正できます。コンタクトレンズは使っていません。
「ゴミ」の正体は何でしょうか?
硝子体混濁の原因は何ですか?
どうしたらよいでしょうか?
「ゴミ」を取り除くことができるでしょうか?




このような症状を飛蚊症(ひぶんしょう)と呼びます。
眼の前に文字どおり蚊(か)が飛んでいるように見えるというのが代表的な症状ですが、ゴミが浮いて見えたり、丸い輪が見えたり、粟粒が見えたりすることもあります。
一個のことも数個のこともあります。
飛蚊症の正体は、眼の中のレンズと網膜の間にあって眼球の四分の三の容積を占める卵の白身のように透明な硝子体(しょうしたい)に濁りが生じ、これが見える為です。この濁りはそれ程濃いものではありませんので、明るい場所でしか見えません。


おおざっぱに三つあります。
つまり、生まれつきの場合、加齢による場合、眼底に病気が発生した場合です。
今回の飛蚊症は加齢によるものと思います。硝子体は若い時は目の中で十分に膨らんでいますが、年齢が進むと縮んで前方へ引っ張られているようになります。そして、後側の網膜から離れて来ます。これを後部硝子体剥離と云っていますが、この時、それまで固くくっついていた視神経や網膜の一部を引きちぎって持って来るため、これが濁りの正体です。この後部硝子体剥離は一般に50歳代後半から多くなりますが、近視の強い人では早く生ずる傾向にあります。


飛蚊症だけであれば、病気と云う程のものではありませんので、そのまま様子をみて頂けばよろしいですが、後部硝子体剥離が生じて硝子体が前方に移動する時、網膜とくっついている所があると、その部分を引っ張って網膜を破ることがあります。網膜が破れると、そこから網膜の下に水が入り、網膜剥離になります。この網膜の破れは早く見つけて処置をしなければなりませんので、飛蚊症が生じたら必ず眼科で検査を受けて下さい。


ゴミだけであれば病気ではありませんから取り除く必要はありませんが、ゴミが大きく目障りで視力を悪くしている様でしたら、 手術で取り除くことは出来ます。




Copyright 2001 EYECARE NAGOYA All Rights Reserved