» 診療日誌に戻る


56歳の公務員女性です。昨秋、眼科で白内障といわれました。今年初め右目を手術し、視力は眼鏡を使って1.0にまで回復しました。
ところが、左目も白内障であることがわかり、1ヶ月後に手術予定です(現在の視力は0.1)。
お尋ねしたいのは、「白内障の手術による効果はいつまでもつか」ということです。
友人から「20年はもつ」と聞きました。今手術しても、20年後ぐらいには再び視力が悪くなるのでしょうか?
左目の今回の手術は我慢して、何年か先に手術をするように少しでものばそうかとも思っています。
白内障の手術の後に再び視力が落ちたり、再手術が必要になることがあるのでしょうか?
白内障があると近視は進行するのでしょうか?




ふつうは順調に経過して、一度回復した視力が再び低下することはありません。 つまり手術の効果は永久的といってよいのです。 移植した人工水晶体(眼内レンズ)が濁ることも当院で使用している眼内レンズではありません。 ただし、半年から一年くらいの間に眼内レンズが入れてある本来の水晶体の後嚢が濁って来て見にくくなることが手術後あります。 しかし、このような事が起っても、レーザーで簡単に取り除いて容易に視力回復させる事ができます。


白内障には水晶体のふくろに近い所が混濁して白くなる型と、 水晶体の中心部が茶色に混濁する型(核白内障)と2つの型に大別できます。 この核白内障では水晶体が厚くなって屈折度が増加することがあり、この時には見掛上近視が進行します。 しかし頻度はそれ程多くありません。



Copyright 2001 EYECARE NAGOYA All Rights Reserved