網膜はカメラで云うとフィルムに当たる部分で、眼球の後半部にあります。この網膜が何らかの理由で 網膜の外側にある網膜色素上皮から離れて来た状態を網膜剥離といい、網膜剥離を起した部分では物が見えにくくなります。


 網膜剥離には網膜が破れて起る裂孔原性網膜剥離と、網膜の外側から水が滲み出したり、内側へ引っ張られたりして起る非裂孔原性網膜剥離 があります。特に治療が急がれるのは裂孔原性網膜剥離で、50歳以上の人に起る場合は前兆に蚊が飛んでいるように見える飛蚊症や目の中で光が見える光 視症が自覚される場合が多いです。


 非裂孔原性網膜剥離にはぶどう膜炎など原因となった病気があり、薬物治療などこの病気の治療が必要です。
網膜が破れて生じた裂孔原性網膜剥離では、レーザーで焼いたり、冷凍をしたりして、網膜の破れた部分(裂孔)を閉鎖します。 この裂孔閉鎖をより確実にするため目の外側から眼球を押さえ込んだり、目の中の硝子体を取り除くなどの操作をします。硝子体を取り除く手術をした場合には 目の中にガスを入れて網膜の破れていた部位を押さえるため、手術後特別の体位をとって頂く必要があります。


 網膜剥離が視力に大切な眼底の後極部(黄班部)にいたっていなければ大体手術前の視力を保つことが出来ます。黄斑部網膜が剥離していますと、 その剥離期間により視力の回復は異なってきますので、なるべく早く復位させる必要があります。剥離期間が一週間を超えると、よい視力を回復できにくくなります。

Copyright 2001 EYECARE NAGOYA All Rights Reserved