眼球の部位&役割 ・眼球周囲の付属器のしくみ ・目のはたらき ・モノが見えるしくみ
近視・遠視・乱視

目の病気を知るためには、目の仕組みを知る必要があります。
目は眼球と視神経、それに眼球周囲の付属器から成り立っています。ものを見るためのこれらの組織は、頭蓋骨の眼窩と呼ばれる骨のくぼみの中で保護されています。見るという目の基本的作業は眼球と視神経が行い、付属器はそれらの機能を助けたり保護する役目をもっています。




眼球は成人で直径約2.5センチの大きさがあり、そこにはさまざまな器官があります。(図1参照)。
ものを見るということは、光が物体に反射して目に入ることであり、それを自覚することです。光は角膜を通り、前房、水晶体、硝子体を通って網膜に達して、電気エネルギーに変換されます。電気信号が視神経から脳へと伝えられ、そこで初めて物体がなんであるかが自覚できます。
各器官のはたらきは以下の通りです。

(図1)

角膜は眼球のいちばん外側を覆っている膜です。ぞくに黒目といわれ、実際は透明の組織です。外からの光を屈折し、目のなかに光を入れます。強膜は白目といわれる部分で、白くかたい膜です。この角膜と強膜により、眼球の形が保たれています。


強膜の内側にあるのがぶどう膜です。虹彩・毛様体・脈絡膜から成っています。 虹彩は茶目といわれる部分です。中央には瞳孔があり、瞳孔を大きくしたり小さくしたりして、目に入る光の量を調節しています。
毛様体はチン小帯という細い線維で水晶体と連結していて、二つの働きがあります。一つは毛様体筋によって水晶体の厚さをかえ、ピントを調節する働きで、もう一つは角膜と水晶体の栄養分として必要な房水を分泌します。


外から入った光は網膜に達してはじめて色や形、光として感じられます。網膜に映った像は視神経を通って、情報を脳に伝達します。


瞳孔の後ろにあり、角膜とともに眼球に入ってきた光を屈折します。水晶体の厚みを変化させることで、遠くや近くなど、見ようとする像のピントを調節します。


眼球の内容物の大部分を占めるゼリー状のもの。外部からの力に抵抗するはたらきがあります。


房水は毛様体で分泌される透明の液体で、前房に満たされています。水晶体や角膜に栄養を補給し、房水の量によって眼圧が調整されます。




目は外界と直接接しているため、障害が起こりやすい部位で、上下のまぶたが眼球を保護します。また、まばたきによって角膜の表面が乾かないようにしています。

強膜の表面を覆い、まぶたの裏側へと続いています。結膜は粘液や涙液を分泌し、眼球の表面を潤しています。



目は外界を認識し、脳に伝える情報量がもっとも多いのが特徴です。目のはたらきのことを視機能といいますが、視力、視野、色覚、光覚、屈折、調節、両眼視、眼球運動などがあります。視機能はそれぞれに大切な機能ばかりですが、ものを見る力である視力、見える範囲を十分にする視野の二つはとくに重要な機能です。




目の仕組みはよくカメラにたとえられます(図2参照)。カメラのボディが強膜とすると、角膜と水晶体がレンズです。そして網膜がフィルムです。外からの光は角膜を通って、水晶体で屈折しピントを合わせて、網膜で像を結び、これらが脳に送られて、初めて見ることができるのです。

(図2)



ものを見るためには、目に入ってきた光が角膜で屈折され、水晶体でさらに屈折され、網膜に像を結びます。これを正視といいます。屈折とは眼球のどこでピントを結ぶかということです。近視は網膜の前方に像を結び遠視は網膜の後方に像を結びます。そして、1点に像を結ばないのが乱視です。
情報の八割近くを視覚から得ている私たちにとって、日常生活で目に関して困ることといえば、近視や老眼といった身近なことではないでしょうか。これは病気というより、目の性質や老化現象ともいえます。
目の性質は人によって違いますから、自分の特性を知ることが重要です。


遠くはよく見えないけれど、近くがよく見えるのが近眼です。凹レンズの眼鏡やコンタクトレンズ等で、矯正していきます。
子どもの近視は、、小学校に入ってから視力が0.6以下になったら眼鏡を用意することを考えてください。それまでは必要ありません。


遠視は遠くがよく見えると思われがちですが、遠くのものもぼやけて見えます。近くを見るときも遠くを見るときも、いつも調節をするため、目が疲れやすくなります。その場合は、凸レンズの眼鏡やコンタクトレンズで矯正をします。
乳児期は、眼球が小さいため像を網膜の外に結びやすく、遠視になりやすいといえます。乳児期で遠視等の屈折異常がある場合、目を近づけて見ようとしますが、こうした動作は角膜の病気や、先天白内障などのさまざまな目の病気も考えられますので、一度検査を受けることをおすすめします。


乱視は近くも遠くも見えにくいので、眼精疲労を起こしやすくなります。原因は主に角膜のカーブに異常があるために起こります。多少の乱視は若いときなら調節力があるので気づかないこともありますが、目が疲れたり、ものがぼやけたりしたら矯正が必要です。眼鏡やハードコンタクトレンズ等で矯正します。
子どもの遠視や乱視では近くも遠くも見えづらいため、本を読まない、飽きっぽいという様子があらわれます。強い遠視や乱視の場合は、弱視になったり斜視になることもありますので、早い時期から眼鏡で矯正する必要があります。
乳幼児は視力が発達する時期ですから、屈折異常の症状があるようなら、きちんとした検査が必要です。ほうっておくと見る機能の発達がさまたげられることがあります。


老視(老眼)とは、近くのものが見えづらくなる状態です。水晶体は近くを見るときは厚くふくらんでピントを合わせます。それが40歳を過ぎた頃から水晶体の調節力が低下し、小さな文字が見えにくくなり、目が疲れやすくなり、無理に見ようとすると肩コリや頭痛が起こることもあります。
目に負担をかけないためにも、老眼鏡等で補正します。老眼は誰にも起こる老化現象です。無理をせず、自分の生活のなかで不便を感じたら老眼鏡を使い始めてください。その際大切なのが、眼科できちんと眼鏡を処方してもらうことです。
また、老眼は進むということをご存じでしょうか。年齢とともに水晶体の調節力が低下し、老眼鏡も徐々に度の強いレンズが必要になってきます。一般的に、60歳を過ぎると老視の進行も止まると言われています。
老視の始まるころは、生活習慣病が気になる時期でもあります。白内障、緑内障にかかってないかを調べるために、眼底検査を含めた目の検査を早めに受けることをおすすめします。

Copyright 2001 EYECARE NAGOYA All Rights Reserved