老人性白内障とは、どんな病気ですか? 
どうして白内障になるのですか?
白内障になるとどんな症状が現れますか?
白内障の治療法はどのようにして行われるのですか?
老人性白内障にはどのような手術が行われていますか?

見ようとする物体が正確に見えるのは、その像が目の中のレンズ(水晶体)を通して網膜に焦点が合うからです。この水晶体は本来透明で、目の中は暗いため、外からは黒く見えます。しかし、年齢を重ねるごとに、水晶体が白く濁ってくることがあり、その度合が強くなると外からでも白く見えるようになります。これが老人性白内障で、昔から「白そこひ」と云われていた病気です。水晶体が濁れば目の中に光が入りにくくなり、物が見えづらくなります。水晶体の混濁は白くなるばかりでなく、茶色に濁ることもあり、これも白内障と呼ばれています。



水晶体は透明な袋の中に蛋白質でできた透明な柔らかい組織が入ってできています。蛋白質が透明であるためには、外から性質の異なる水分や物質が混入してはならないので、水晶体の袋は水晶体蛋白にそのような不利な成分が入りこまないような構造になっています。 しかし、人は年齢を重ねるごとに老化し、さまざまな機能が低下してきます。 水晶体の袋にも同じ老化現象があらわれると、水晶体の蛋白質に悪影響を及ぼす物質が周囲の組織から侵入し白内障になります。若い人でもケガなどで水晶体の袋が破れたりすると、外傷性白内障になります。


白内障は均一に濁ってくるとは限らないので、突発的に見えなくなるということは通常ありません。しかし、部分的でも白く濁ると、そこにあたる光が乱反射し眩しく感じるようになります。水晶体の濁りが全体に広がれば見えなくなりますが、一般に進行はゆっくりです。水晶体の濁りが中心に近いところにあると、部屋の中ではよく見えるのに、屋外(特に日差しの強い場所)では見えないという現象も起こります。 また、水晶体の中心にある核と呼ばれる部分に変化が生じて茶色になってくる白内障では、水晶体が厚くなって近視が進むこともあります。

正常な眼球 白内障の眼球


一般には、点眼薬が用いられています。しかし、点眼薬は白内障の進行防止が期待できる程度で、それ以上の効果は望めません。
白内障が進行して視力障害や白内障に起因するいろいろな不快感が生じてきた場合、次の治療法は手術です。 手術で水晶体を摘出すると、ピントがぼけて物をはっきり見ることができません。その為、眼鏡やコンタクトレンズなどで補正する必要があります。ただし、現在は眼内レンズが進歩し、通常の老人性白内障であればほとんどの場合、眼内レンズを挿入できます。これは大変便利なものですが、あくまでも人工水晶体であり、現時点では遠い所、近い所を自在に見ることができる調節機能がありません。したがって、眼内レンズを挿入しても、遠くのものを見る眼鏡、本など近くのものを見る眼鏡が必要となります。


水晶体嚢内摘出術:今から約20年前までは、老人性白内障手術にはほとんどこの方法が行われていました。眼球を大きく切開して、水晶体を嚢(袋)ごと一塊として摘出する方法です。成功した場合、瞳孔領には何も残らないので、とてもきれいになりますが、うまく摘出できない場合は合併症を時々おこすことがありました。
水晶体嚢外摘出術:その後、現在も用いられている後房眼内レンズが登場し、手術法は嚢外摘出術に変わりました。当初は水晶体の中央にある核はそのまま摘出していたため、眼球の切開創はまだ少し大きめでした。その後超音波乳化吸引用の器械が改良され、進歩したため、現在では、核が固くて超音波で容易に砕けないと思われる症例以外は、ほとんどこの超音波乳化吸引術で行われます。この方法では、切開創が小さくなるため、手術後の安静期間も短くて済み、最近では日帰り手術も可能となってきました。
老人性白内障手術後には、通常眼内レンズが挿入されます。




Copyright 2001 EYECARE NAGOYA All Rights Reserved