斜視とは、どんな病気ですか?
どうして斜視になるのですか?
斜視は外見以外に何か悪いことがありますか?
弱視とはどのような状態なのですか?
斜視はどのように治療するのですか?

ものを見た時、正常では両目の視線が合います。ところが、片方の目はまっすぐ見ているのにもう片方の目がはずれることがあります。この状態を斜視といいます。外斜視では、右目でまっすぐ見た時には左目が外側へ、左目でまっすぐ見た時には右目が外側へはずれます。内斜視では内側へ、上斜視では上側へはずれます。いつも斜視の状態になっているのを恒常性斜視、ときどきなるのを間欠性斜視といいます。たとえば、普段はいいのに眠くなったり、ぼんやりした時に外へはずれるのを間欠性外斜視といいます。



斜視の原因にはいろいろあります。目を動かす筋肉や神経に病気があると、目の動きが悪くなり斜視になります。また、遠視があると内斜視になることがあります。目は見る距離によって自動的にピントを合わせますが、近くを見た時は、より強くピントを合わせる力(調節力)が働きます。遠視があると、その分だけさらに力がいり、目が内側へ寄ってしまいます(調節性内斜視)。両目で見る働き(両眼視機能)が悪い時も斜視になります。片目の視力が悪い時は見つめようとする力が弱くなり斜視になることがあります(外斜視)。生まれてまもなく斜視になることもあります(乳児内斜視)。


斜視は見た目が悪いというだけでなく視力や両眼視に悪い影響を及ぼします。目の網膜の中心部にピントの合った像が映り、それが良い刺激となって子供の視力が発達します。ところが、斜視があると、はずれている方の目はピンボケの像となり、脳に良い刺激がいきません。したがって、はずれている目がいつも同じですと、その目は視力の発達が悪くなり弱視になります。また、立体感や遠近感などの両眼視機能は、両目の視線が合い、なおかつ脳でその機能が発達していないとうまくできません。視力と同じように斜視があると両眼視機能も正しく発達できないのです。視力は3歳ごろ、両眼視機能は6歳ごろまでに発達します。



視力が十分発達していないのを弱視といいます。この場合の視力というのは、矯正視力といってメガネなどを使った時の視力です。裸眼(メガネなどを使わない時)の視力が悪くても矯正視力が良ければ視力は正常に発達しているので問題はありません。弱視の原因には(1)斜視(斜視弱視)、(2)遠視などが片目で強いとき(不同視弱視)、(3)遠視などが両目にあるとき(屈折性弱視)、(4)角膜混濁・白内障・眼帯などにより網膜への刺激がさえぎられたとき(形態覚遮断弱視)、(5)強い遠視性乱視(経線弱視)、(6)ごくわずかなズレの斜視(微小斜視弱視)の6種類があります。斜視とは違い、特に片目の弱視では大人が気づきにくいので注意が必要です。


治療方法
まず視力を測定し弱視になっていないか、遠視や乱視などがないかを調べます。遠視などが疑われるときは、調節力を点眼薬で一時的にとりのぞいて遠視などの強さを正確に測ります。それをもとにメガネを作り、いつも装用するようにします。弱視がある場合は、視力の良い方の目にアイパッチを貼り悪い方の目を使う訓練をして視力の発達を促します。やりすぎると良い方の目の視力が落ちることがありますので、、定期的な視力検査が必要です。調節性内斜視では、メガネを装用するだけで目の位置が良くなります。メガネをしても斜視がある場合は手術をします。手術の前にプリズムのメガネを使ったり、両眼視の訓練をすることもあります。


手術による治療
斜視の手術は局所麻酔でもできますが、子供さんは全身麻酔で行います。眼球についている筋肉のうち、力が強すぎる筋肉は後方へずらし、弱い筋肉は一部を切除して短くします。白目の結膜を切開しますが、自然に吸収される糸で縫合するので抜糸は必要なく、傷あともほとんどわからなくなります。手術の時期や方法は子供さんにより異なります。

家庭での訓練方法
度の合ったメガネをいつもかけること、指示されたとおりアイパッチをすることが重要です。アイパッチをした時は、絵本、TVゲーム、ビーズ遊びなど積極的に目を使うと効果的です。両眼視の訓練では、三点カード、カイロスコープなどがあります。カイロスコープは鏡を使い左右の目に少し違った絵などを見せて、脳で1つに感じる訓練などをすることです。



Copyright 2001 EYECARE NAGOYA All Rights Reserved